尿漏れの日帰り手術について

中川ごうクリニックの尿失禁手術

女性の身体は構造的に尿漏れを起こしやすく、尿失禁に悩む女性は20代から高齢の方まで年齢層も幅広くなっています。尿失禁を経験したことのある女性は、40歳以上で20人に1人とするものから、多いデータでは2~3人に1人という報告もあり、年齢にかかわらず女性の4割が経験していると言われています。
当クリニックではこうした尿漏れの中でも最も患者数の多い腹圧式尿失禁の根本的な治療として、これまでの手術に比べて安全性が格段に高くなった日帰り手術を行っています。デリケートなお悩みですから、受診に関してはさまざまな配慮を行っています。もちろん、女性医師による診療も受けられますので、お気軽にリクエストしてください。また、遠方にお住まいでも事前にお電話等でご連絡いただけましたら、当日手術を受けることも可能です。尿失禁でお悩みでしたら、安心してご相談ください。

尿失禁とは

尿失禁とは自分の意思とは関係なく無意識に尿を漏らしてしまう症状を、『尿失禁』と呼びます。セキやクシャミ、重いものを持ち上げるなどした拍子に少量の尿が漏れたり、尿意を感じてトイレに向かったけれど間に合わなかったなど、尿失禁にはさまざまな症状があります。特に、普段ならトイレに充分間に合うはずの尿意なのに間に合わなかった時のショックは大きく、それでお悩みになって外出もままならなくなる方もあります。また、軽い尿漏れがあるために匂いが気になるというお悩みも多くなっています。

女性の身体は男性に比べ、尿道が短く、膀胱や尿道を支える靭帯や骨盤底筋群が弱いため、もともと尿失禁しやすい構造になっています。さらに妊娠や出産で靭帯や骨盤底筋群に負担がかかり、加齢による筋力低下などが加わるため、年齢を重ねるごとに尿失禁のリスクは高くなっていきます。

尿漏れは恥ずかしいことではなく、そのほとんどは治すことができる病気の症状なのです。

尿失禁の種類

尿失禁には、その原因によりいくつかの種類に分けられます。

腹圧性
原因 出産年齢骨盤の筋肉の緩み、女性ホルモンの影響、括約筋の脆弱化など
症状 セキやクシャミ、立ち上がる、重いものを持ち上げるなど、お腹に力が入った拍子に尿が漏れてしまいます。
切迫性
原因 過活動膀胱 脳疾患、神経疾患、前立腺肥大症など
症状 突然尿意に襲われ、トイレまで我慢出来ず、漏らしてしまいます。排尿直後に尿意を覚えたり、
トイレに行く頻度が多くなったりする場合もあります。
溢流性
原因 前立腺肥大症、神経因性膀胱など
症状 自分の意思でうまく排尿ができず、少しずつ尿が漏れてしまいます。排尿障害がある方に多く、
女性よりも男性に多くみられます。
反射性
原因 脊髄損傷、脳障害など
症状 膀胱に尿がたまることで膀胱が収縮し、尿意がなくても反射的に尿が漏れてしまいます。
機能性
原因 認知症、運動障害など
症状 運動機能の低下や認知症により、トイレで排泄できない状態です。排尿障害はありません。
真性
原因 括約筋障害、先天奇形など
症状 括約筋が機能せず、それによって膀胱に尿がたまらず、常に尿道から尿が漏れてしまいます。

以上の尿失禁の中で、腹圧性のものは日帰り手術で治療可能です。

尿失禁セルフチェック

以下のセルフチェックに当てはまる項目が1つでもあったら、腹圧性尿失禁の可能性があります。

  • セキやクシャミをした拍子に尿が漏れることがある
  • 大笑いをした拍子に尿が漏れることがある
  • 重いものを持ち上げた拍子に尿が漏れる
  • 運動をしていて尿が漏れることがある
  • 階段を上り下りする拍子に尿が漏れることがある
  • 坂道を下っているときに尿が漏れることがある
  • 小さい子供を抱きかかえているときに尿が漏れることがある

尿失禁の検査と治療

尿失禁ということは問診でわかりますが、複数の原因が疑われた場合には、ストレステストやQ-tipテスト、パッドテスト、軟性尿道膀胱鏡検査、尿流動態検査などの検査を行うこともあります。

尿失禁の治療は、骨盤底筋を鍛える体操、薬の服薬などがありますが、効果が現れるまでに時間がかかりますし、効果が現れず一時的に症状を軽くするだけになってしまう可能性もあります。

症状が重い場合や、他の治療法では思うような効果がない場合、また尿失禁に関するお悩みが深い場合には、手術をおすすめしています。これまでの尿道や膀胱を釣り上げて尿漏れを治す手術は傷跡が大きく残ったり、再発の可能性があるなどの問題点がありましたが、リスクが大幅に軽減する『TOT手術』という手法が現れてこうした問題を解決し、安全に、確実に治療ができるようになっています。

尿失禁の日帰り手術 TOT手術

当院では、腹圧性尿失禁の患者様に、日帰りTOT手術を行っています。TOT手術とは、尿道の裏側に人工のメッシュテープを通し、そのテープで尿道を支えて尿漏れを防ぐ新しい手法です。
TOT手術は、局所麻酔を行い、腟壁と両足内股の付け根の部分の計3カ所を小さく切開し、専用器具を使って閉鎖孔から坐骨の裏にテープを通す手術です。TOT手術はテープをV字型に植え込み、腹圧がかかって尿道がぐらりとゆれた際にそっと支えて補強するものです。従来行われていたTVT手術ではテープをU字型に植え込んでいたことにより膀胱や腸、大血管を傷つける可能性がゼロではなく、また合併症のリスクもありましたが、TVT手術とはテープを通す経路が異なるため、とても安全な手術となっています。

女性器の総合的な抗加齢医療 サーミバー

腹圧性尿失禁は、妊娠や出産をきっかけに、そして加齢によって起こることが多い病気です。軽い尿漏れや入浴時に膣の中にお湯が入ってしまい、お風呂から上がって少したってから水が出てくるような症状が起こっている場合、膣の内部を引き締めることによりそうした症状を緩和することが可能です。

サーミバー(サーミVa)は、FDA(アメリカの厚生労働省)に認証されている”ThermiRF”の高周波(RF)によって、膣内や大陰唇~小陰唇のタイトニング(締め付け)を促し、見た目と機能に関する抗加齢を図る治療機器です。

サーミバーを照射することで、線維芽細胞が刺激され、新たなコラーゲンの生成につながります。3~4週間かけて徐々にコラーゲンが増殖していき、コラーゲン密度が高まることで、膣入口や全体を引き締めます。コラーゲン増殖効果は6ヶ月間の持続が期待でき、外陰部は照射直後よりタイトニング効果が表れます。術前術後の見た目の変化をほとんどの方がご実感いただけるのが大きな特長となっています。

サーミバーには、今までにない徹底した温度管理ができる特殊なセンサーがあります。これで、女性器の表面の温度を42~45℃まで加熱し、内部は45~50℃まで加熱されます。そのため、痛みは一切なく、従来では不可能だった引き締め効果を実感できます。

直径1㎝程度のスティック状のチップを使って大陰唇や小陰唇、そして膣に高周波を照射しますが、痛みは全くなく、暖かさがあるだけです。30分程度の施術時間でダウンタイムもなく、外来で受けることができる治療です。

1回の治療で見た目の効果をご実感いただけますが、月1回の治療を3回続けるとより高い効果が期待できます。その後はメンテナスとして、年に1回ほど治療を受けることで効果を持続可能です。

引き締め効果が持続すると、膣内のpH値が正常値に近づくため、かゆみや匂いなどのトラブル軽減にもつながります。アメリカでは、サーミバーが膣治療の最優秀治療器とされ、抗加齢効果の高さにより人気を集めています。

【特徴】

  • 麻酔が不要
  • 日帰りが可能(施術時間:30〜40分)
  • ダウンタイムがほとんどない(性交渉は1週間後より可能)

【適応】

  • 腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁
  • 膀胱脱、子宮脱(POP分類2度以下)
  • 膣のゆるみ
  • 経年による膣萎縮
  • オルガニズム機能不全
  • 膣の潤いの改善
  • 膣のにおいの改善

【適応外】

  • 妊娠中の方
  • 出産後6週以内の方
  • 婦人科癌(膣癌、子宮頸癌、子宮体癌)の方

料金について

尿失禁の手術は健康保険適用です。

3割負担の場合
TOT手術        80,000円前後
サーミバーの料金について

骨盤臓器脱のサーミバーは下記の料金になります。下記は税別表示です。

料金
ThaemiVa外側(大陰唇〜小陰唇)1回目 ¥80,000
2回目以降 ¥70,000
3回セット ¥200,000
ThaemiVa内側(膣内) 1回目 ¥100,000
2回目以降 ¥90,000
3回セット ¥250,000
ThaemiVa全体(外側+内側)  1回目 ¥140,000
2回目以降 ¥110,000
3回セット ¥300,000
ThaemiVa+VIO脱毛(6回セット) 上記料金+¥20,000(V•I•O各部位)

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

 

尿失禁予防のために

肥満を避けるために適度な運動を
体重が重くなると骨盤底筋群に負担がかかります。肥満は骨盤底筋群を弱めたり、膀胱に圧力をかける大きな原因のひとつであり、尿失禁をもたらすリスクを高めます。適度な運動は肥満を避けるだけでなく、筋力アップにもつながります。

便秘に注意

便秘が原因で骨盤底筋群や膀胱に負担がかかり、そこから尿失禁になるケースもよくあります。食物繊維が多いメニューを心がけ、便秘にならないようにしましょう。

適度な水分摂取を忘れずに

尿失禁が心配で水分を控えると、血流に悪影響を与え、動脈硬化のリスクが上がります。そのまま水分を控えていると、やがて脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすくなってしまう恐れもあります。適度な水分摂取を忘れないようにしましょう。

Tel.0944-75-110524時間WEB予約
ブログ当院の口コミを見る当院の口コミを書く
CuronENVIRONSCITON